売買を不動産で行う場合は、情報を流したり査定をしていきます。

不動産 売買

売買を不動産で行う場合は、情報を流したり査定をしていきます。

不動産 売買について

画像

売買をする時は、不動産屋に相談をしながら必要な手続きが必要になっています。
売却する物件にロ-ンが残っていた場合は、抹消手続きなどをしないといけないですし、隣地の境目を確定する場合や面積を確認する時には測量費用などが必要になりますし、無料で査定をする必要があります。
物件調査は、現地で詳細に見積もりをして計算して査定額を提示するようになっています。
お客様が売り手に合意をした時点で仲介契約をして物件をネットなどで情報を流して買い手が見つかるまで行う場合があります。
仲介契約側によりますが、一週間に1回と二週間に1回以上になっています。
購入される方が見つかった場合は申込書にサインをして貰ってから物件を再調査して問題がないかをチェックすることがあります。
契約する前には買い手側が実印と必要書類を準備します。
売り手の方は引越の準備などを行いながら、残っている支払いをすべて完了してから現地で買い手の方に引き渡しなどをして終了になっています。